2018年9月8日土曜日

【地震】地震と向き合っていくには


地震と向き合うには


こんにちは。
前回に続いて地震とどの様に付き合っていくのか?
ということについてです。



それは、台風の時とやる事はあまり変わらないのかな?
と思います。

・自分達が被災しないために何を準備するのか?
・地震が起きた時にはどうしたらいいのか?

ということを、やっていくしかないと思います。

では、そもそもの被災した状況とはなんでしょう?
地震は書いて字の如く、地面が揺れることですよね。

地震はそれだけでなく
地割れ・地滑り・地面の液状化・津波などを誘発します。



それにより
・住宅の破損、もしくは倒壊
・ライフラインの停止
(ガスや水道のパイプ割れ、電柱の倒壊などによる、ガスや水道、電気の供給停止)
・津波による浸水
・道路寸断による流通の停止。
食料品・生活用品やガソリンなどの生活必需品の入手難。

このようなことが起こり、
日常生活が送れない状態になるのが被災した状況です。



一見、被災したことのない人からすると大丈夫なのではないのか?
と思いがちですが、当たり前にできたことができなくなることは
非常に大変なことです。

なので、被災した状況で自分たちが生きていくには
どうしたらいいのでしょうか?

その対策については後々に記載いたしますので
地震により被災したときの行動についてを
次回、お伝えしたいと思います。



今後も、よりよい人生をお過ごしください。


0 件のコメント:

コメントを投稿

【電気】太陽光発電の買い取り制度は、皆が望んだ流れ

流れに乗るか反るかは自分次第の社会 こんにちは。 お金って大事だけど、能力のほうが大事なの では? って思ってる IRUKA です。 突然、そんなことを言ったのは 特に意味はありません・・・( 一一) さてさて、前回からの...